友だち追加

本文へスキップ

ジョンズ・ホプキンス大学の感染症教授による非常に有益な情報の日本語訳です。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.080-1814-8018

〒980-0011仙台市青葉区上杉1丁目6-10

TOPメニューご感想
オーラアップ
ヒーラーくん
願望実現
ペットの癒し
開運グッズ幸せボール
特定商取引表示





ボディケア・メンタルケア

(非常時の際は電池で稼働できます)



ヒーラーくん
遠隔ヒーリングシステムMr.healer

対応地域
日本国内・海外(在留邦人)













●紫外線ランプ、新型コロナとの闘いに光明か米大が実験(5月14日)


【AFP=時事】危険なウイルスを死滅させる最新型の紫外線(UV)ランプを駅や空港、学校などで利用することで、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)との闘いを有利に進めることができるようになるのだろうか。


米コロンビア大学(Columbia University)の研究者らは長年、紫外線のこのような利用法に関する研究に取り組んでおり、現在のパンデミック(世界的な大流行)によってその取り組みの重要性が裏付けられる可能性がある。


紫外線C波(UVC)ランプは細菌やウイルス、カビ対策といった目的で、特に病院や食品加工業などでは以前から利用されている。


だが、UVC線は危険性が高く、皮膚がんや眼疾患を引き起こすため、人がいない状況でしか使用できない。


そこで、コロンビア大放射線研究センター(Center for Radiological Research)が研究対象としているのは、「遠紫外線C波」と呼ばれる紫外線だ。


遠紫外線C波の波長は222ナノメートルで、人には無害だが、ウイルスにとっては有害だと同センターのデービッド・ブレナー(David Brenner)所長はAFPの取材で説明した。


この周波数では、人の皮膚や目の表面を貫通できないというのだ。


このような特徴から、遠紫外線C波は人が密集する場所、密閉空間、感染リスクが高くなる場所でも使用可能となるため、現在のパンデミックへの対応でもその活用が広く期待されている。


コロンビア大の研究チームは2013年、薬剤耐性菌に対する遠紫外線C波の有効性の調査を開始した。次に、インフルエンザを含むウイルスへの遠紫外線C波の利用についても調べ始め、新型コロナウイルスを研究対象としたのはつい最近のことだ。


感染性が非常に高い新型コロナウイルスを調べるためには、厳重な安全対策がとられた大学内の別の実験室に研究機材を持ち込む必要があった。


ブレナー所長によると、「3~4週間前」に始めた実験により、表面に付着した新型コロナウイルスをUVC線が数分以内に死滅させることがすでに明らかになっているという。


■人体への影響を確認


遠紫外線C波が人体に無害であることを確認するための実験も並行して実施されている。マウスを使った実験は、遠紫外線C波に「人への使用を想定した強度の20倍の強さで1日に8時間、週に5日間」暴露させるもので、現時点で開始から40週が経過した。


現状を確認するためにマウスの目や皮膚を検査したところ、「何一つ異常はなかった。マウスは非常に調子が良さそうで、しかも非常にかわいらしい」と、結果についてブレナー所長は話した。


この実験は今後さらに20週間続く予定だという。


研究の次段階では、感染者がせきやくしゃみをした時を想定し、空中を漂うウイルスにUVCランプを放射する実験を行う計画だ。


チームは、予備段階の研究結果を英科学誌ネイチャー(Nature)にすでに投稿している。


ただ、残りの検証段階をすべて通過して初めてその正当性が科学界でも認められることになる。


■危機回避の可能性はあった


ブレナー所長は、「この遠紫外線C波の研究プロジェクトをもう1年か2年早く始めていたら、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の危機を回避できたかもしれない。


毎晩、そのようなことを考えている」と話す。


そして、研究が進むなかで、夜眠ることができなくなってしまったことを明らかにした。


「完全に(防げた)ということではないが、おそらくパンデミックは回避できただろう」


【翻訳編集】 AFPBB News










重要な情報です。


お知り合いの方に情報発信してくださいl


ジョンズ・ホプキンス大学の感染症教授による非常に有益な情報の日本語訳です。


新型コロナのことがよくわかります。


●ウィルスは生物ではなく、何層もの脂質(脂肪)でできた保護膜に覆われたにたんぱく質分子(DNA)です。


このウィルスが、眼・鼻または口の粘膜の細胞に付着すると、突然遺伝コードが変異し倍々方式で増え侵略します。


●ウィルスは生物ではなくたんぱく質分子であるため殺すことはできませんが、自然に崩壊(減衰)します。


ウィルスが崩壊する時間は温度、湿度、どこ(何)に付着したかにより違います。


●本来ウィルスはとても壊れやすいのですが、脂質でできた何層もの膜に覆われていることが問題でこの脂質の保護膜を取り除く必要がでてきます。


脂質の保護膜を破壊することができる石けんや洗浄剤は有効(泡立ててこすり破壊)な訳です。


破壊するためには石けんをたっぷりと泡立てて20秒以上こする必要があります。


保護膜を破壊することによりウィルスたんぱく質は自然に減衰し崩壊していきます。


●熱は脂質を溶かします・・・25度以上の水で手や衣服、その他を洗うことが有効な理由となります。
さらに暖かい水は泡がより泡立つため、より有効となります。


●アルコールとアルコールを65%以上含むものは脂質を分解します・・・
特にウィルスの外側のたんぱく質の層を分解します。


厚生労働省が発表

対象となるのは、成分にメタノールを含まない、アルコール度数が70%から83%の範囲の酒で、ウォッカなどが該当する。

また、さらに度数が高い酒については、消毒効果が十分に得られるよう、精製水などで薄めて使うこととされている。



●漂白剤(塩素)1対水5の割合でプロテイン(たんぱく質)を破壊します・・・ウィルスの内側から崩壊させます。


●過酸化水素水は石けん、アルコール、塩素の効果を長持ちさせます・・・過酸化水素はウィルスたんぱく質を破壊します。

しかし、純過酸化水素水を使用する必要があり、皮膚を傷つける可能性があることに注意が必要です。


●殺菌剤、抗生物質は役に立ちません・・・ウィルスはバクテリアなどの生物ではないので抗生物質で殺すことはできません。


●服やシーツ、布などを振ってはいけません(使用、未使用にかかわらず)・・・表面に張り付いた状態では不活性なので勝手に時間がたてば分解するからです。

しかし、これを振ったりハタキを使用すると、最大3時間空気中にウィルスが浮遊し鼻などに付着してしまいます。


― 3時間 (生地)

― 4時間 (銅と木)

― 24時間 (段ボール)

― 42時間 (金属)

― 72時間 (プラスチック)


●ウィルスは冷たい空気、寒い空間や家や車などエアコンがある場所では安定した状態で残存します。


また、湿気と暗さはウィルスの残存を促します。

したがって逆に乾燥した暖かい、明るい環境は勢いを墜落させます。


紫外線ライトや光線はウィルスたんぱく質を破壊します。

たとえば使用済みのマスクの殺菌には紫外線ライト(UVlight)を使用すると完璧です。





但し、肌のコラーゲン(これもプロテイン)も破壊するので注意して下さい。


●ウィルスは健康な肌を通り抜けることはできません。

●酢(酢酸)は脂質の保護膜を破壊できないので有効ではありません。

●スピリッツ、ウォッカも役に立ちません。

強いウォッカでもアルコール度数は40%です。

ウィルスを破壊するには65%以上のアルコール度数が必要です。


●アルコール65%以上のリステリンは役立ちます。


●より狭く限られたスペースではウィルスも集中しているかもしれません。
広い場所で換気がよければウィルスも少なくなります。


●粘膜を触ったり、食べ物、鍵、ドアノブ、スイッチ、リモコン、携帯電話、時計、パソコン、机、テレビ、トイレなどを触る前にも、触った後にも手を洗わなければなりません。


●頻繁に手を洗うことになるので手の保湿をして下さい。

乾燥により生じる肌の小さなひび割れにウィルスが隠れ潜む可能性がありますから、
厚めにハンドクリームを塗るのがお薦めです。


●爪の中にウィルスが隠れるのを防ぐために、
爪も短くしておきましょう。


―ジョンズ・ホプキンス病院―




UVlightSupeRray




オーラアップ




お気軽にご相談ください!



スタッフ写真

information店舗情報

●対面セッション

SEED21
〒980-0011
仙台市青葉区上杉1丁目6-10
EARTH BLUE 仙台勾当台1F


東京自由が丘サロン
monaLna
TEL.080-1814-8018
https://healer-ai.com/
E-mail:info@healer-ai.com
サイトマップ