感謝の気持ちを持っていると幸せになれる

感謝の気持ちえお持つと幸せになれる 脳科学

感謝の気持ちを持たないと損をします。

感謝の気持ちがないと、科学的にも幸福度が下がってしまうことが明らかになっているんです。

人間は恵まれた立場になっても、そのことをついつい忘れてしまう罪深い生き物。最初のうちはありがたみを感じているんですが、徐々にそんな気持ちも薄れてしまうんです。

感謝には2種類あります。

自分に良いことが起こったと解釈できる時に感じる恩恵的感謝。これは分かりやすいです。

ポジティブなことがあった、「ありがとう」

もうひとつは、普遍的感謝。感謝の気持ちをいつも感じている心のあり方のこと。

生きていることに感謝、家族や仲間がいることに感謝というようなものです。

ここで重要なのは普遍的感謝です。

幸福に生きていくために、当たり前のことにも感謝の気持ちを思い出し、毎日を送って生きましょう。

もっと毎日の幸福度を上げたい

自分の生活で足りないものばかりに目が行ってしまう・・・

人間は慣れてしまう生き物、ありがたいことでもすぐに当たり前と感じてしまいます。

感謝の気持ちを持つことで免疫機能UP、成長志向が増す。

コンビニのレジでの「ありがとうございます」から始めよう!

人間はどんなことにでも慣れられる存在です。

これが人間の最も適切な定義だと思う。

身の回りの環境が当たり前だって段々思う様になります。

最初の頃のありがたみは抜けていきがち。

嫌いだ、面倒くさい、なんて内心で毒づきまくっている今の会社。

あなたの隣にいるパートナーの方もいかがでしょうか。

付き合った時、結婚した時、点にも昇るくらい嬉しかったはず。

ところが徐々に感動はなくなっていくのではないでしょうか。

これは完全に想像ではあるのですが、一般人が超イケメン俳優、超美人女優と結婚したとします。

最初は頬をつねるくらいの感慨だと思うのですが、結局しばらくするとそれが普通になってしまいそう。

人間は慣れてしまうことから逃れられないんですね。

悲しい思いをしたり、ショックを受けたりしても立ち直れる。

これは慣れるおかげなので、必ずしも悪い側面ばかりではありません。

生き残っていく過程で、環境に慣れるということはマストな条件だったと思うんです。

助けられている反面、際限なく欲深くなってしまうのも確かです。

・自分の健康

・家族や友人の健康

・人間関係

・自分の生活、暮らし

・お金を貯めて買ったもの

・仕事

こういったものはなくなって始めて気付く。

自分の身の回りにあるものに感謝ができない、これって実は損なんです。

感謝するだけで満足度は高まります。

必要のないものを求めなくなります。

メンタル面で、「感謝」をすれば満足度が高まると書きました。科学的にも実証されているんです。

岩崎一郎さんの著書「脳磨き」に、詳しく書かれています。

岩崎一郎さんの著書「脳磨き」

普通の知性の人達が、天才知性を超えるパフォーマンスを発揮できる組織作りの企業研修を提供する会社「国際コミュニケーション・トレーニング株式会社」を創業。

現在までで約200社の企業研修を実施。脳科学を使って、ビジネスを大きく推進しているのが著者の岩崎一郎さん。

この本で書かれているのが、脳科学的に幸福度を上げる方法。脳の中には、「島皮質」と呼ばれる部分があります。

この島皮質は、脳の中でハブの様な役割を果たしています。

めちゃくちゃざっくり言うと、この島皮質を鍛える様な使い方をすると、幸福度が高まります。

ではどうすれば島皮質を鍛えられるのか?

方法はいくつかあって、その中のひとつが「感謝」なんです。

常に感謝の気持ちを抱くことは、脳機能を高めます。

脳を全体的に働かせることに役立ち、心にも体にも様々なメリットがあるんです。

冒頭の説明の繰り返しになりますが、感謝には2種類あるんですね。

自分に良いことが起こったと解釈できる時に感じる恩恵的感謝。

もうひとつは、普遍的感謝。感謝の気持ちをいつも感じている心のあり方のこと。

イメージしやすいのは恩恵的感謝だと思います。

ところが恩恵的感謝ばかりしていると、エゴが強くなるんです。

また次第に気持ちが暗くなり、長期的には鬱の傾向が強くということが研究で明らかになっています。

かたや普遍的感謝をすると、成長意欲が増します。

困難に立ち向かう勇気が持てるようになります。

意識するべきは、普遍的感謝なんです。

「生きていることに感謝」

「今日も健康でいられることに感謝」

「パートナーがいることに感謝」

「家族が仲良く暮らせていることに感謝」

感謝しています

こう考えると、常に感謝の気持ちを持って生きていくことができます。この状態になると、メリットがいっぱい。

インターロイキン6(体が炎症を起こしている時に多く分泌されるタンパク質)が低く保たれる

・高い免疫機能を獲得できる

・成長志向になり、自制心が増す

・成長意欲が湧き、心が折れにくくなる

これら全て科学的に証明されてるんだから驚きです。

メンタルケア|心の悩み・心の病・ストレス・トラウマ・不安解消
心の悩み・心の病・トラウマ・不安解消|お身体の不調は日々のストレスの積み重ねです。そのストレスの根本を取り除くこと、それは今ある環境を変えるということ。困難なことでしょう。ですので、定期的にお身体の不調の原因となるストレスを緩和させなければいけません。ストレスを溜め込んではいけません
サウンドヒーリングシステム「Serenite」とは?
サウンドヒーリングシステム「Serenite」とは?・運気・金運・恋愛運|心の癒しリラックス効果ストレスを感じると、気分が晴れなかったりうまく眠れなかったりと、さまざまな問題が出てきます。そのようなときはリラックスした状態へ導いてくれる心の癒しが必要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました