音楽で脳を活性化|ストレス解消

好きな音楽を聴く 脳科学

音楽の力を医療分野に応用したものに「音楽療法」があります。これは音楽を通じて患者の脳を活性化させ、

認知症治療などに有効なリハビリテーションの一種です。

今回は、音楽のもつ力として「脳の活性化」に注目し、日本ではあまり知られていない音楽療法について詳しくご紹介します。

脳を活性化させる音楽の効果

脳の活性化

音楽療法がどういったものかご存じでしょうか?

音楽はリラックス効果をはじめ、人間の脳に対して様々な影響を与えることが実証されています。

この特性をリハビリテーションに応用し、健康維持や心身障害の機能回復を目指すものが音楽療法です。

ここでは、音楽療法の基礎知識や目的についてお話しします。

音楽療法の目的

音楽療法の主な目的は、音楽を通じて脳を活性化させることです。

音楽が耳から入ってくると、音の高さやリズムといった情報はそれぞれ脳の異なる部分で処理されます。

また、音楽を聞くのではなく歌う場合は、音楽を聞くときとは違う経由で喉や舌に「歌う」という命令が脳に伝えられます。

このように音楽を聞いたり歌ったりするだけで脳の様々な部分が働いて、結果的に脳全体が活性化するのです。

音楽療法の目的には、音楽ならではのヒーリング効果を与えることもあげられます。

曲調によって与える影響が異なり、穏やかな曲はストレス軽減に、リズミカルな曲は意欲を高めるなどの効果が期待できます。

音楽のヒーリング効果をうまく利用することで、過度のストレスや緊張、うつ状態にある精神に対して働きかけて、精神的な負担を軽減させることが可能です。

また、社会性を育むうえでも音楽は効果的です。

音楽を聞くだけでなく、歌う・演奏する・踊るといった自己表現をすることは精神によい影響を与えます。

音楽を通して人と触れあうことで、社会性が育まれ、周囲とのコミュニケーションもスムーズになるでしょう。

今や音楽は、医療分野において欠かすことができない存在といえます。

より効果を得るには好きな曲・思い出の曲がおすすめ

好きな音楽を聴く

音楽療法では、使用する音楽の選び方も重要となります。

なぜなら、音楽による脳の活性化には個人差があり、使用する音楽によっても効果に差があるからです。

楽曲選びの際に意識したいのが、相手が「好きな曲」であること。

そもそも相手の好きな音楽でなければ興味を示してもらえず、音楽療法の効果が得られません。

好きな曲で興味を惹き、音楽に集中させることが何よりも大切です。

また、認知症治療においては患者にとっての「思い出の曲」を流すことも有効です。

「思い出の曲」は長期記憶を思い出すきっかけや手助けになります。

もし相手の好きそうな曲や、思い出の曲がわからない場合は、繰り返し同じ曲を聞かせると良いでしょう。

その音楽を理解することが、脳の喜びにつながります。

OTORAKU コラムより

サウンドヒーリングシステム「Serenite」ご感想紹介

便秘解消

癒しのサウンドヒーリング効果のご紹介です。

●愛媛県 Mさん(女性)ご感想

「いつもありがとうございます。

プレゼントして頂いたsereniteですが、聞いていたら体がすごく軽くなり髪がサラサラしてお肌がしっとりとしてきました。

便秘気味でしたが聞いた翌日からお通じが良くなり、体のむくみやだるさがほとんどなくなりました。

今回もお世話になります。

よろしくお願いします。」

便秘解消・むくみ改善・髪のツヤ効果があったようです。

やはり、便秘を解消することで、全身が元気になるのでしょう!

●静岡県 Nさん(女性)ご感想

「こちらのサイトには、心が不安定なときにいつも助けていただいてます。

感謝します。

運用はとても大変かと思いますが、少しでも長く続けていただけると幸いです。」

ヒーリングサウンドは、ストレス解消により、心が安定してくるようです。

ご参考ください。

サウンドヒーリングシステム「Serenite」とは?
サウンドヒーリングシステム「Serenite」とは?・運気・金運・恋愛運|心の癒しリラックス効果ストレスを感じると、気分が晴れなかったりうまく眠れなかったりと、さまざまな問題が出てきます。そのようなときはリラックスした状態へ導いてくれる心の癒しが必要です。
メンタルケア・脳ケア|心の悩み・ストレス・トラウマ・不安解消
メンタルケア・脳ケア|心の悩み・トラウマ|お身体の不調は日々のストレスの積み重ねです。そのストレスの根本を取り除くこと、それは今ある環境を変えるということ。困難なことでしょう。ですので、定期的にお身体の不調の原因となるストレスを緩和させなければいけません。ストレスを溜め込みはNG

コメント

タイトルとURLをコピーしました