社長になれました!不思議な展開で

経営者に向いてる人の7つの特徴 オーラアップ

経営者に向いてる人の7つの特徴

経営者に向いてる人の7つの特徴

経営者に向いている人の7つの特徴について説明します。

経営者に向いている人とはどのような特徴があるのか、経営者とはどうあるべきなのかについて、詳しく見ていきましょう。

自分の信念を貫き、無理に周りに合わせようとしない人


自分の考えや信条を曲げずに、周りの意見に流されない人です。

しかし、この特徴は悪く言えば「空気の読めない人」になってしまいます。

日本の社会においては、空気を読んで行動することが非常に大事とされていますが、経営者になるにふさわしい人は、空気を読んではいけません。

ビジネスでは、他の人と同じことをしていては成功することができません。

自分の信念を第一に考え、人と違った道を堂々と歩ける人こそ経営者としてふさわしいといえます。

失敗しても落ち込まない人


仕事は思い通りにいかないことがほとんどです。徹夜で努力してもその努力が必ず報われるという保証はなく、落ち込むこともしばしばです。

しかし、経営者は落ち込む前に「どうやったらうまく行くのか違う方法を考えてみよう!」と常に前向きに取り組みます。

「落ち込んだり反省したりする時間はもったいない、考えるよりも行動する」ということの重要さを経営者は自ら実行します。

自分に自信がある人


経営者は企業のトップであるがゆえに、孤独でもあります。もちろん、経営者によっては「社員は家族」「みんなの会社」と考える人もいますが、実際は企業の最高責任者です。

仮に、経営が悪化したり企業の評価が落ちるようなことがあったとしても、それを他の役員や社員のせいにするような人は経営者とは言えません。

何が起きても誰のせいにもせず、自分がその全ての責めを負うという強い意志と自信にあふれている人が経営者に求められる特徴といえます。

効果的なアピールができる人


以前は顧客の新規開拓をするのは会社側からの営業が主でしたが、近年はインターネットの普及により、顧客側から企業を見つけることも多くなりました。

顧客がよりメリットのある取引先を見つけようとインターネットで調べた時に、自社の魅力を最大限にアピールできる力をもっている経営者に依頼したいと思うのは明らかです。

数多くある企業の中から、まず自社を発見して興味を持ってもらい、信頼関係を結んで長いお付き合いをしていける力を持っている経営者こそが勝ち残れます。

世の中の流れに常にアンテナを立てている人


経営者になるためには、世の中の流れを的確につかむ能力も必要です。今の時代に、「何が」「どのように」「どの位」求められているのかを敏感にキャッチすることができれば、経営もうまく軌道にのっていくでしょう。

また、世の中の需要が見える能力がある人は、社員の需要(社員がどのようなことを望んでいるのか)にも気づくことができるので、良い労働環境を作り出すこともできます。

ここぞという時に投資できる人

ここぞという時に投資できる人


企業を成長させるために必要なものの一つに、「人」と「設備」への投資があります。投資は成長に必要ではあっても、使い方次第では大きなリスクを背負うことにもなります。

しかし、企業を経営する以上、現状維持で満足する経営者はいないと思います。

少しでもより大きな企業にするために、日々様々な戦略を練っていることでしょう。

経営者には、節約できるところは節約し、ここぞという時に人や設備への投資を惜しみなく実行できる決断力が求められます。

苦しい状況でも明るい雰囲気に変えられる人


企業経営において、どうしても苦しい時期というものがあり、そういう時期は企業全体の雰囲気もよどみ、気分が沈んでしまいがちです。

しかし、真の経営者であれば、そのような雰囲気の中で一緒に暗く落ち込むのではなく、社員に意識的に明るく接したり希望や勇気が持てるような声掛けなどをしたりして、社員のやる気を奮い立たせます。

社員は経営者のそのような強い姿を見て、再び「頑張ろう!」という気持ちになるのではないでしょうか?

著名な経営者からみる特徴の共通点

著名な経営者からみる特徴の共通点


日本には、著名な経営者がたくさんいます。

その中から、本田宗一郎、松下幸之助、豊田喜一郎の3名の経営者の熱い名言を中心に、「経営とは?」「リーダーとは?」どうあるべきなのかを考えていきましょう。

本田宗一郎


本田宗一郎は、本田技研工業の創業者で、自由奔放で明るい性格とあふれ出るチャレンジ精神の持ち主で、幅広い層から支持を得ている人物です。

本田宗一郎には数々の名言があり、今もなおその言葉に勇気づけられている人がたくさんいます。

「本田宗一郎の名言」

「言葉とか文字では、人は動かせない」


「少しでも興味を持ったこと、やってみたいと思ったことは、結果はともあれ手をつけてみよう。幸福の芽は、そこから芽生え始める。」

「成功は99%の失敗に支えられた1%だ。」

「私は怒っても、その人間を憎むことはしない。偽りのない気持ちを相手にぶつけることが大切。」

本田宗一郎の名言は他にもたくさんありますが、この一例だけを見ても「人を動かすのは言葉ではない」こと「チャレンジすることの大切さ」など、経営者としての理念がはっきりと現れています。

松下幸之助


松下幸之助は、パナソニック(旧松下電器)を一代で築いた経営者で、「経営の神様」として国内外でその功績について語り継がれています。

松下幸之助にも数多くの名言が残されており、その言葉に強く影響を受けている人がたくさんいます。

「松下幸之助の名言」

「アイデアを生むといっても、口先だけでは生まれない。これもやはり熱心であること。寝ても覚めても一事に没頭するほどの熱心さから、思いもかけぬよき知恵が授かる。」


「失敗の原因を素直に認識し『これは非常にいい体験だった。尊い教訓になった』というところまで心を開く人は、後日進歩し成長する人だと思います。」

「商売とは、感動を与えることである。」

「『それは私の責任です。』ということが言いきれてこそ、責任者たりうる。」

松下幸之助の名言のほんの一例を挙げましたが、「ものを作り出す」ことに対する姿勢やリーダーとしてあるべき姿が分かります。

豊田喜一郎


豊田喜一郎は、トヨタ自動車の創業者で、トヨタ自動車工業(現トヨタ自動車)の第2代目社長や、社団法人自動車技術会会長などを歴任しました。

豊田喜一郎の心にぐっとくる名言をご紹介します。

「豊田喜一郎の名言」

「作ってやる、売ってやるではいけない。買ってもらう、作らしてもらっている、という気持ちでなくてはいけない。」


「現場で考え、現場で研究せよ。」

「発明は知識そのものよりも、それをいかに自分のものにしているかにかかわる。学校を出ない人が往々にして相当な発明をするのはそれ故である。これを世の人のために活用し得るまでには、いろいろな研究と大きな努力がいる。その努力の中に発明が生まれてくるものだと私は思っている。発明は努力の賜である。」

「困難だからやるのだ。誰もやらないし、やれないから俺がやるのだ。そんな俺は阿呆かも知れないが、その阿呆がいなければ、世の中には新しいものは生まれないのだ。そこに人生の面白みがあり、また俺の人生の生き甲斐がそこにあるのだ。出来なくて倒れたら、自分の力が足りないのだから潔く腹を切るのだ。」

豊田喜一郎の名言からは、誰もやらないことにチャレンジしていくことの大切さやものづくりの基本は現場にあることなどが伝わってきます。

まとめ

経営者に向いている人とは、自分の信念を強く持ち、周りの意見に流されず、世の中の流れに敏感で、アピール能力に優れた前向きな人ということができます。


経営者に向いている人とは、自分の信念を強く持ち、周りの意見に流されず、世の中の流れに敏感で、アピール能力に優れた前向きな人ということができます。

また、著名な経営者の名言からも分かるように、企業の全責任を負うことの重大さが分かっていること、チャレンジ精神が旺盛なこと、先を見据えた経営が出来ることなども求められます。

「経営者になりたい!」という方は、まず高い志を持って、自分の理想とする経営者像を思い描き、その理想に近づけるように一つずつ取り組んでみてはいかがでしょうか?

オーラアップ体験談「社長になれました!不思議な展開で・・・」

オーラアップ体験談「社長になれました!不思議な展開で・・・」

「50代女性のことです。

彼女はオーラアップリピーターで各グッズ愛用者です。

彼女は長年ある金融機関で多忙な日々を送っていました。

朝はまだ暗いうちに家を出て、仕事が終わるのはいつも暗くなってからという、まさに企業戦士の暮らしでした。

そういう暮らしに疲れていた彼女は3年前からオーラアップの体験に来ています。

そして、今年不思議なことが起こったのです。

仕事上の付き合いがある社長さんから、今度新しい事業を始めるが、自分は多忙で目が届かないから、ぜひ彼女に社長になって欲しいということでした。

彼女は、半信半疑で躊躇したそうですが、特大オーラレベルの時期に発生したことは良いことだと思って、その申し出を受けたそうです。

上司にも相談したところ、そんなに素晴らしいことなら、ぜひ受けたほうが良いと後押しされたとのこと。

何故、そういう展開がやってきたのか彼女に尋ねたところ・・・

社長の意向を汲んでくれる素直で信頼できる年配の女性をずっと探していたそうです。

そういうことで彼女は、まさに条件にピッタリの女性だったのです。

しかもオーラが輝いているので、良い人物とのご縁ができる状況だったのです。

特大オーラレベルの期間は、自分に良い影響を与えてくれる人物とのご縁があるのです。

悪い人物とのご縁はないのです。

来られた彼女はすごく充実した様子でした。

今後も、良い流れに乗って益々活躍することでしょう!」

オーラアップ
オーラアップとは、オーラが輝き「特大オーラ」になることにより、エネルギー(波動)が高まり、恋愛運・金運・健康運・仕事運・対人運・結婚運等の運気が上昇していくセッションです。オーラアップは、人・モノ・場所のパワーアップが可能なヒーリンングセッションのことです。ダイエットも行います。
占いサロン|身体の悩みや心の悩みを占いやヒーリングで解決します
占いサロン|身体の悩みや心の悩みを占いやヒーリングで解決する宮城県仙台市青葉区の占いサロンfです。オンラインで行われる占いやヒーリングは、ご自宅で落ち着いて悩みを聞いてもらいたい、身体や心を整えたいたくても忙しくて通えない方、不要不急の外出は控えたい方にもおすすめです。
オンライン|ダイエット・身体の悩み・ストレス解消・心の悩み解決
オンラインでダイエット・身体・心(こころ)・恋愛・対人関係・仕事の悩みを解決しながら、ストレス解消や運気まで向上する仙台市青葉区ヒーリングサロンfです。ご自宅で落ち着いてダイエットしたい、身体や心を整えたい方におすすめです。また、様々なお悩みを抱えてる方もお気軽にご相談ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました